メインコンテンツへジャンプ

コスモエネルギーホールディングスがデータブリックスの「エネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォーム」を採用、DXを加速

May 30, 2024
Share this post

データとAIの会社であるDatabricks(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下「データブリックス」)は、エネルギー業界で積極的なDXを推進しているコスモエネルギーホールディングス株式会社(本社:東京都港区、以下「コスモエネルギーHD」)が、組織全体のデジタル変革を実現するためにデータブリックスが提供する「エネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォーム(以下「本プラットフォーム」)を採用したと発表しました。コスモエネルギーHDは、データブリックスのプラットフォームを今後のデータ活用基盤とすることで、コスモエネルギーグループ全社 約7,000名のデータへのアクセスを民主化し、誰もが容易にデータを利活用できるようにします。

コスモエネルギーグループでは、日々の業務におけるデータ活用を推進し、また組織の変革を導くデジタル人材に必要な能力の向上に取り組んでいます。さらに、「第7次連結中期経営計画(2023年度~2025年度)」において、各部署でデータ活用を先導していく「データ活用コア人材の900名の創出」を掲げ、より強固なデータに基づいた経営の実現に取り組んでいます。

本プラットフォームは、コスモエネルギーグループが保有している膨大なデータを統合し、高度な分析とAI・機械学習の活用を通じて新たな価値を創出します。また、マーケティングサイエンスの高度化、電力需給と価格予測の高度化、石油サプライチェーンの最適化、製油所デジタルプラント化等において重要な役割を果たします。

コスモエネルギーホールディングス株式会社 常務執行役員CDO ルゾンカ典子のコメント
「データの統合から分析に至る一連のプロセスに機動的に対応できるデータブリックスのプラットフォームを活用することで、既存のDWH刷新などを通じて推進している各ドメインデータのオーケストレーション、データガバナンスの強化、そしてスピード感をもった現場でのデータ活用に結び付けることが出来ています。引き続きデータ価値を最大発揮させ、石油事業の競争力強化、モビリティを絡めた電力販売等の事業拡大へ取り組んでいく予定です」

データブリックス APJシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー  エド・レンタのコメント
「コスモエネルギーHDに、当社のデータ・インテリジェンス・プラットフォームを採用いただいたことを光栄に思います。これにより、データブリックスとコスモエネルギーHDは、需要予測、設備不良の探知、予備的なメンテナンスの活用事例などを通じて、データのもたらす価値を広げていきます。コスモエネルギーHDとの協働によって、同社グループの全社員が自然言語によるデータ分析によって得られた情報を活用できるようにし、同社グループ内におけるデータへのアクセスの民主化に取り組んでいきます」

Cosmo Energy

データブリックスAPJシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるエド・レンタ(左)と、コスモエネルギーHD 常務執行役員CDOのルゾンカ典子(右)

データブリックスの「エネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォーム」
データブリックスは、提供する「データ・インテリジェンス・プラットフォーム」において、エネルギー業界向けに特化した統合プラットフォームの提供を2024年4月に開始しました。このプラットフォームには、事前構築されたアクセラレーター、マーケットプレイスソリューション、およびパートナー企業のエコシステムが含まれています。オープンなレイクハウスアーキテクチャに基づいて構築された本プラットフォームは、企業が大量のエネルギーデータを活用し、データプライバシーや機密IPを犠牲にすることなく、生成AIアプリケーションを開発することを可能にします。これにより企業は、エネルギー業界における先駆者として、リアルタイムに運用の全体像を把握し、メンテナンスの必要性に先んじて対応し、計画外のダウンタイムを減らし、エネルギー生成を正確に予測し、より効率的で持続可能な未来のために行動を起こすことができます。

データブリックスのエネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォームを利用する企業は、資産、運用、環境、顧客データの全ての価値を提供することで、組織全体のデータアクセスを民主化し、エネルギーインフラを最適化し、市場の変動性を緩和することができます。

強力なツールとパートナー企業を持つデータブリックス のエネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォームにより、お客様は以下のような業界の重要な課題に取り組むことができます。

  • 設備のリアルタイムなパフォーマンス管理とメンテナンス:企業・組織は、風力タービン、電力網、パイプライン、機械など、すべての物理的資産から大量のセンサーデータを収集、分析、視覚化して、リアルタイムで性能を監視・最適化し、ダウンタイムを減らし、全体的な運用効率を向上させることができます。
  • より正確で、効率的な再生可能エネルギーの予測:お客様は、機械学習による洗練された予測機能を使用して、風力、太陽光、水力発電源の予測不確実性と不確実な性質を最小限に抑えることができます。天気予報、パフォーマンスデータ、価格トレンド、需要予測を本プラットフォームに統合することにより、エネルギーセクターの企業は需要をより正確に管理し、リソース割り当てを最適化し、変動性市場での収益性を最大化することができます。
  • 積極的かつ予測的な電力網最適化アプローチ:先進的な計測インフラ(AMI)の展開により公益事業者は、高度な分析と予測モデリングを活用して、電力網の状態をリアルタイムで把握することができます。エネルギー業界向けデータ・インテリジェンス・プラットフォームにより企業は、負荷をより良く予測し、停電を予測し、供給と需要を調整し、送電損失を減らし、全体的な電力網の信頼性とレジリエンスを向上させることができます。

コスモエネルギーホールディングス株式会社について
コスモエネルギーグループは、日々の生活に欠かせないエネルギーを、安全・安定的に供給し続ける公共的な使命を担う企業として、グループの主力事業である石油事業、石油化学事業に加え、長期的な環境変化を見据え再生可能エネルギー事業を展開しています。グループ理念に「地球と人間と社会の調和と共生」を掲げ、第7次連結中期経営計画『Oil & New~Next Stage~』のもと、自社の強みを生かし、SS(サービスステーション)ネットワークを活用した次世代モビリティ社会に向けた取り組みや、環境にやさしい電力の販売、風力発電事業を中心としたクリーンエネルギーの拡大等を進めています。これらの取り組みを通じて、2050年度のカーボンネットゼロを実現するとともに、社会課題の解決と持続可能な社会の実現を目指します。

データブリックスについて
データブリックスはデータとAIの会社です。Comcast、Condé Nast、Grammarly、そしてFortune 500の60%以上を含む世界中の10,000以上の組織が、データ、アナリティクスおよびAIを統合し民主化するデータブリックスのデータ・インテリジェンス・プラットフォームを利用しています。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、世界中にオフィスを構えるデータブリックスは、レイクハウス、Apache Spark™、Delta Lake、MLflowのクリエイターによって創立されました。詳細については、ウェブサイト(日本語)をご確認ください。

Recent Press Releases

Introducing Databricks LakeFlow: A Unified, Intelligent Solution for Data Engineering
ブログを読む
Databricks Open Sources Unity Catalog, Creating the Industry's Only Universal Catalog for Data and AI
ブログを読む
Introducing Databricks AI/BI: Intelligent Analytics for Real-World Data
ブログを読む
Databricks Unveils New Mosaic AI Capabilities to Help Customers Build Production-Quality AI Systems and Applications
ブログを読む
Introducing Shutterstock ImageAI, Powered by Databricks: An Image Generation Model Built for the Enterprise
ブログを読む
View All