メディア・エンターテイメント向けレイクハウス

データと AI で切り拓く
のメディア企業の未来

使ってみるデモをスケジュールする

メディア・エンタメ分野の
データ活用における 4 つの課題

視聴者プロファイルの統合

データは、分散されたシステムで収集、保存、管理されており、メディア企業による視聴者やスポンサー企業に関するデータの包括的な把握が困難です。

スムーズな視聴者体験

視聴者は、時とデバイスを選ばないパーソナライズされた体験を求めています。多くのエンタメ企業が、膨大な数の視聴者に対して、この体験をリアルタイムに提供できていないのが実情です。

メディアデータの最大活用

従来のデータウェアハウスでは、動画、画像、音声ファイルを処理できず、企業は価値の高い資産を有効活用できていません。

データの蓄積から高度な分析へ

AI を活用したエンタメ分野のユースケースには、広告活動や視聴者の行動に関する莫大な量のデータが必要であり、データの取得と調整だけでも多大なコストがかかっています。

メディア・エンターテイメント向けレイクハウス

データと AI の統合プラットフォーム

視聴者、スポンサー企業、コンテンツに関するあらゆるワークロードを統合する単一のプラットフォームが、視聴者エンゲージメントと広告最適化のブレークスルーを可能にします。

大手企業によるパートナーソリューション

Cognizant、Lovelytics、Labelbox をはじめとする世界の大手ソリューションプロバイダが、メディア・エンターテイメント向けレイクハウスを構築しています。予め構築されたソリューションにより、視聴者とスポンサー企業のための成果創出を支援します。

ビジネス成果を加速するツール

Databricks とパートナーの連携によるソリューションアクセラレータが、クリックストリームエンゲージメントなどの視聴者データの取り込みを容易にし、推薦エンジンやマルチタッチアトリビューションなどのユースケースを可能にします。

業界シェアを拡大

メディアのエコシステム全体にわたるセキュアかつオープンなデータ共有とコラボレーションが可能になり、顧客離脱の軽減、リアルタイムでのパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できるようになります。

メディア・エンターテイメント業界を変革するレイクハウス

「ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーでは、Databricks レイクハウスプラットフォームを AWS 環境に展開し、コンテンツディスカバリの機能と視聴者体験を向上させています。データを活用して視聴者行動を予測して、コンテンツの推薦をリアルタイムに提供するといった視聴者体験のパーソナライズによって、エンゲージメントを高めています。」

ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリー社 エンジニアリング部門 グループ VP Martin Ma 氏

背景

メディア・エンターテイメント向けレイクハウスを選ぶ理由

コラボ可能でオープンなデータと AI の統合プラットフォームが、視聴者とスポンサー企業のための成果創出を支援

360 度の視聴者ビュー

クリックストリーム、人口統計、ソーシャルなどの構造化・非構造化データを分析・AIのために単一のプラットフォームに集約します。組織では、顧客ジャーニーを包括的に把握できるようになり、視聴者のコンテンツの嗜好を理解し、パーソナライズされたエクスペリエンスの提供や、ターゲットを絞った広告とエンゲージメントの構築ができます。

顧客離脱の防止と ARPU の増大

クラウドベースの俊敏なプラットフォームが、膨大なデータを迅速かつ確実に処理して下流システムに供給することを可能にし、時とデバイスを選ばないパーソナライズされた視聴体験を提供できます。リアルタイムな推薦に関連する視聴者からの期待は高まっており、エンタメ企業では、視聴者の注目を集めるための競争が激化し、パーソナライズされた体験をリアルタイムに提供することが必要条件となってきています。

コンテンツライブラリから収益を創出

メディア企業が扱うデータは、動画、画像、音声ファイルなどの非構造化データです。メディア資産を効果的に管理するには、非構造化データの分析能力が不可欠です。メディア・エンタメ向けレイクハウスを利用することで、マーケティング部門ではキャンペーンでのコンテンツ活用、制作部門では新規制作に役立つ過去コンテンツの探索、営業部門では他のメディア企業に販売可能な知財の探索が可能になり、収益創出につながります。

機械学習を中心にしたビジネス

機械学習から得られる分析結果により、視聴者、従業員、スポンサー企業のニーズを深く理解できるようになります。あらゆるデータの一元化と、コラボレーション可能な分析・機械学習ツールのフルスイートへのシームレスな接続により、データ部門は連携して強力な予測モデルを構築し、パーソナライゼーション、コンテンツ収益化、スポンサー企業の成果創出支援などの新たなイノベーションを推進できます。

パートナーとソリューション

メディア・エンターテイメント向けの多様なデータ・分析ソリューションとテンプレートを利用できます。

メディア・エンターテイメント向けレイクハウス導入事例

Data+AI Summit 2022:データ+AI でレイクハウスのコラボレーションを促進

ご登録→

無料お試し・その他のご相談を承っております

お客様のビジネスゴールをお聞かせください。Databricks のサービスチームがお役に立ちます。