The way to the Lakehouse just got faster Image

レイクハウスの導入をさらに迅速に

新たな方法で Databricks をお試しください — AWS Marketplace で 14 日間のトライアルを開始できます。

Databricks
ご利用料金

データ・分析・AI ワークロードをシンプルな 1 つのプラットフォームに統合 ― 主要なクラウドをサポート

背景

Databricks の料金設定

従量課金制

Databricks は、初期投資が不要の従量課金制を提供しており、コンピュートリソースの消費に対する秒単位での課金となります。スポットインスタンスにより、未使用のコンピュート能力を最大 90% 節約できます。

コミットに応じた割引価格オプション

一定レベルの使用量をコミットすることで割引が適用され、コストを削減できます。使用量が大きければ大きいほど、オンデマンド使用に比べて割引率が高くなります。使用量のコミットは、複数のクラウドにまたがることも可能です。

背景

よくある質問

14 日間の無料トライアルには、次の内容が含まれています。

  • ソリューションの共同構築を可能にするプラットフォーム
  • Apache SparkTM、SQL、Python、Scala、Delta Lake、MLflow、TensorFlow、Keras、Scikit-learn など、多言語のサポートを備えた対話型 Notebook

※ 無料トライアル期間中にアカウント内で使用されたリソース (コンピュートインスタンスなど) については、クラウドプロバイダの料金が適用されます。

無料お試し期間が終了すると、自動的に同プランの有料サブスクリプションに移行します。ただし、サブスクリプションはいつでも解約できます。

Databricks の料金は、コンピューティング使用量に基づいています。ストレージ、ネットワークなどの関連コストは、お使いになるサービスやクラウドサービスプロバイダによって異なります。

Databricks ユニット(DBU)とは、Databricks レイクハウスプラットフォームの処理能力を規格化した単位であり、測定と課金の目的で使用されます。ワークロードが消費する DBU の数は、使用するコンピューティングリソースや処理するデータの量などの処理指標によって決まります。AWSAzureGoogle Cloud の DBU 料金の詳細はこちらからご覧いただけます。

Databricks の料金やスポット割引は、お使いの地域やクラウドサービスプロバイダによって異なる場合があります。詳しくは、AWSAzureGoogle Cloud の Databricks の料金設定をご覧ください。

Databricks の導入による節約効果を知るためには、ジョブ完了率の向上、期間の短縮、ジョブのサポートに必要な手作業の排除など、代替ソリューションの効果を見積もる必要があります。正確な節約効果の算出には、PoC の実施による比較をお勧めします。Databricks の導入による高速化の達成事例と、お客様によるベンチマーク結果もご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

Databricks では通常、ジョブの完了時にコンピューティングリソースを自動的にシャットダウンする設定をお勧めしています。新たなジョブクラスタでジョブを実行(推奨)すると、ジョブが完了した時点でクラスタが自動的に終了し、ワークロードは Jobs Compute DBU を消費します。一方、既存の All-Purpose クラスタでジョブの実行をスケジュールすると、クラスタは自動的に起動し、指定したアイドル時間(120 分など)が経過すると自動的に終了するように設定できます。この場合、ワークロードは All-Purpose Compute DBU を消費します。

Databricks ソリューションアクセラレータ

データ分析と AI による価値創出を加速する

Databricks のソリューションアクセラレータは、発案から PoC までを 2 週間以内に完了できるよう設計されています。各ソリューションアクセラレータには、さまざまな業界・業種に共通の主要なユースケースに対応する、フル機能の Notebook が含まれています。

詳しく見る→

Databricks でスタートアップを構築する

Databricks for Startups は、Databricks で利用できる無料のクレジット、専門家のアドバイス、Go To Market 戦略のサポートを提供します。

詳しく見る