メインコンテンツへジャンプ
導入事例

コニカミノルタ:レイクハウスで事業横断型データ分析基盤を構築

Konika Minolta header image
プラットフォーム・ユースケース: レイクハウス,ETL,Unity Catalog,データ共有,ワークフロー

創業 150 年の歴史を持つコニカミノルタ株式会社は、磨きあげてきたイメージングの技術力を基盤に、社会の課題を解決する企業へと進化しています。素材、センサー、ヘルスケア、教育などを含む新分野にも進出し、ビジネスの多角化を実践する同社では、Databricks のレイクハウスの導入によってデータのサイロ化を解消し、社内横断型のデータ分析プラットフォームを構築。その結果、管理コストの大幅な削減と、BI・分析・AI など、さまざまな目的をもつユーザーのためのシームレスな分析環境の提供に成功しています。詳しくは事例をご覧ください。