Apache Kylin

用語集のトップページへ

Apache Kylin とは

Apache Kylin とは、ビッグデータの対話型分析のための分散型オープンソースのオンライン分析処理(OLAP)エンジンです。Apache Kylin は Hadoop や Spark でSQL インターフェイスと多次元分析(OLAP)を提供するよう設計されています。さらに、ODBC ドライバ、JDBC ドライバ、REST API を介して BI ツールと容易に統合します。2014年に eBay が構築した Apache Kylin は、わずか 1 年後の 2015年に Apache ソフトウェア財団(ASF)のトップレベルプロジェクトに進出し、「Best open Source Big Data Tool (最も優れたオープンソースのビッグデータツール)」を 2015 年から 2 年連続で受賞しています。現在は、ビッグデータ向けの極めて重要な分析アプリケーションとして、世界中にある数千もの企業で使用されています。他の OLAP エンジンがデータ量に苦戦している中、Kylin のクエリ応答はミリ秒単位で、データセット全体を1秒以内のクエリレイテンシでペタバイト規模にスケーリングします。Kylin は、Hive クエリ経由でさまざまな次元の組み合わせと集計測定値を事前計算し、HBase に結果を入力することで、高速化を実現しています。Apache Kylinのインフォグラフィック

Apache Kylin の仕組み

Kylin の分かりやすい UI でアクセス可能な Kylin のクエリエンジンは、API または JDBC を介し、Apache Calcite のクエリプロセッサと HBase の機能を活用して迅速な検索を行います。Kylin が依存する Hadoop エコシステムは次のとおりです。
  • Hive — 入力ソース、キューブ構築中のスタースキーマの事前統合
  • MapReduce —キューブ構築時のメトリックの集約
  • HDFS —キューブ構築中の中間ファイルの保存
  • HBase— データキューブの格納とクエリ
  • Calcite— 組織の支援に有効な、SQL 解析、コード生成、最適化
  • 大規模で高速な OLAP エンジン— Kylin の設計は、100 億行以上のデータに対して Hadoop でのクエリレイテンシを数秒に短縮
  • Hadoop における ANSI SQL インターフェース— Hadoop で ANSI SQL を提供し、ANSI SQL クエリ関数の大部分をサポート。プログラミングが不要なため、アナリストとエンジニアが簡単に使用可能
  • BI ツールとのシームレスな統合—Tableau、JDBC/ODBC/Rest API のような BI ツールとの統合機能を提供
  • 対話型クエリ機能-Kylin を経由することで、ユーザーは 1 秒以内のレイテンシで Hadoop データの操作が可能
  • 数十億行に対応する MOLAP キューブクエリ— 100 億を超える生データレコードに対応し、ユーザーによる Kylin でのデータモデルの定義、事前構築が可能
・オープンソースの ODBC ドライバ— Kylin の ODBC ドライバはゼロから構築されているため、Tableau とうまく動作します。

関連リソース


用語集のトップページへ