Dense Tensor:高密度テンソル

用語集のトップページへ
高密度テンソルとは、全ての値が示される連続したメモリのブロックに値を格納する幾何概念です。テンソルまたは多次元配列は、多様な多次元データ分析アプリケーションで使用されます。さまざまなオープンソースのサードパーティツールボックスによって拡張された MATLAB suite など、テンソル計算を実行できるソフトウェア製品は数多くあります。MATLAB 単体でも、さまざまな要素ごとおよびバイナリの密なテンソル演算をサポートしています。各ニューロンが前の層の全てニューロンからの入力を受け取り、高密度で接続されているため、全結合層は完全に接続された層です。これは、全結合層内の全てのニューロンが前の層の全てのニューロンに完全に接続されることを意味します。高密度テンソル層全結合は通常、ネットワークの終端に向かって使用され、時おり複数回使用されます。高性能の高密度テンソルアプリケーション用の階層型インフラストラクチャを構築しようとする際、最も使用されているライブラリの 1 つは dten で、これは高密度テンソルを格納し、扱うことで知られています。ライブラリは、高密度テンソルを標準ストレージ形式で保存することと、ストレージ形式を並列に変換することに焦点を当てています。さらに、ライブラリはさまざまな方法でテンソルの行列化をサポートしています。ライブラリは汎用的で、高度な柔軟性を提供します。テンソルは、行列の多次元一般化とみなすこともできます。数学的には、行列化はテンソルの概念的な(または論理的な)再構成に過ぎません。

関連リソース


用語集のトップページへ