Structured Streaming:
構造化ストリーミング

用語集のトップページへ
構造化ストリーミングとは、ストリーミングデータを処理するための高レベル API です。Spark 2.2 で実運用が可能になりました。構造化ストリーミングでは、Spark の構造化 API を使用してバッチモードで実行するのと同じ操作が、ストリーミング形式で実行可能です。これにより、レイテンシの短縮、インクリメンタル処理が可能になります。構造化ストリーミングの最大のメリットは、事実上コードを変更することなく、ストリーミングシステムから迅速に価値を引き出すことができることです。また、バッチジョブをプロトタイプとして記述し、それをストリーミングジョブに変換できるため、推論も容易になります。これはデータを段階的に処理することで可能になります。 構造化ストリーミング処理モデル
 

関連リソース


用語集のトップページへ