調査対象企業の 63% が、データアーキテクチャにクラウドを採用していると回答

あらゆる組織が、エンタープライズデータから実用的な知見を抽出することの戦略的な価値を認識しています。データドリブンを目指す企業では、機械学習のケイパビリティを備えた分析ツールをはじめとするクラウドベースの高度なテクノロジーの導入が推進されています。しかし、その一方で、膨大な量の高品質なデータへのアクセスが容易でない、十分でないという問題を抱えています。

このジレンマをいかにして突破すべきでしょうか。先進的な企業はどのように取り組んでいるのでしょうか。MIT テクノロジーレビュー・インサイトでは、14 の異なる業界の最高データ責任者(CDO)、最高情報責任者(CIO)、再考技術責任者(CTO)を含むデータリーダー 350 名以上を対象としたグローバル調査を実施しました。

本レポートでは、次の事柄を含むインサイトを詳しく解説しています。

  • データ戦略を実践している組織は全体のわずか 13%である理由
  • データリーダーが分析と機械学習の民主化を重視する理由
  • 調査対象者の 50% 以上が機械学習ユースケースのスケーリングに課題があると回答した理由
  • オープンスタンダードが、これからのデータアーキテクチャ戦略において最重要要件である理由

レポートをダウンロード