レポート

2025 年に向けた
CIO のビジョン

AI と BI の連携

AI の導入に関するグローバルな調査結果

実践的な AI 活用をめざすうえで最大の課題となるのが「データの問題」です。トップ企業はこの課題をいかにして解決しているのでしょうか。MIT テクノロジーレビュー・インサイトによる、18 か国、14 業種のエグゼクティブ 600 名を対象とした最新の調査レポートで詳しく解説しています。(日本語版をダウンロードしていただけます。)

AI の導入に関する CIO(最高情報責任者)の思索とは?データ戦略への投資において重視すべき要件とは?

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、東京海上、S&P グローバル、マークス&スペンサーをはじめとする大手企業の経営幹部クラスのエグゼクティブに対するインタビューから、深い知見が得られました。

今回の調査で明らかになった主要な知見には、次の事柄が含まれています。

  • 72% が「データの問題」が AI の目標達成を阻む主要因となりうると回答。68% が、AI の推進にはデータ、分析、AI を統合するプラットフォームが重要であると回答。
  • 94% が基幹業務で既に AI を利用していると回答。半数以上が 2025 年までに AI が普及すると予想。
  • 72% が「マルチクラウド」を重要と考えており、戦略的な柔軟性を維持するという目的で、多くが「オープンスタンダード」を支持。

レポートをダウンロード