レポート

データと AI の活用による成長基盤の構築

LP headerhero image JP EB MITTR Global Survey

データ・AI 活用戦略を再構築して新たな AI 競争に挑み、指数関数的な成長を実現する方法とは?MIT テクノロジーレビュー・インサイトによる新たなレポートでは、600 名の CIO、CDO、CTO、チーフアーキテクト、データサイエンティストを対象としたグローバルな調査から得られたインサイトと、スターバックス、コンデナスト、デル、GM、ADP、米国 TSA、リジェネロン、レーザーペイをはじめとする世界トップレベルの企業・組織のエグゼクティブが紹介するベストプラクティスを解説しています。さらに、生成 AI の運用と拡張について、Databricks CIO ナヴィーン・ズッシー(Naveen Zutshi)が解説します。

本レポートで取り上げている主な調査結果の例:

  • エグゼクティブの 80% が、AI の活用によって業務効率の大幅な向上が見込めると予測している。それを実現するための取り組みとは?
  • 組織の 74% が既にレイクハウスアーキテクチャに移行している。それらの組織はいかにして ROI を最大化しているか?
  • 組織の 80% が既に生成 AI への投資を開始している。優先度の高いユースケースとは?LLM は購入すべきか、構築すべきか?