リテール向けレイクハウス:変革の時代のためのレジリエンスと俊敏性

session bg

小売業界ではいま、前例のないマクロな変動と、競争市場や顧客嗜好の急速な変化に対するレジリエンスが求められています。

小売・消費財ブランドがこのようなディスラプションを乗り越えるには、顧客のエンゲージメントを高める、パーソナライズされた体験の継続的な提供がカギとなります。そのためには、高度な分析と AI の活用に最適なプラットフォームと手法の導入が必要であると同時に、ニーズの急増に対応するスケーラビリティと、スコープの変化に対応する柔軟性が欠かせません。

本資料では、次の内容を中心に詳しく解説しています。

  • 大手ブランドにおける高度な分析と AI の活用事例
  • 小売・消費財ブランドの共通課題を解決するユースケース
  • 固有のデータを活用して収益増大とコスト削減を実現する方法