メインコンテンツへジャンプ
Industries header

AIを活用した予測というダイナミックな領域において、企業は戦略的な選択がその軌道を形成することになります。 AIを活用した予測ソリューションのリーダーであるantuit.ai(現在はZebra Technologiesの一部)、そのような極めて重要な決断を下しました。 Antuit.aiは、社内のインフラストラクチャの道を歩むのではなく、Databricks Data Intelligence Platformのレイクハウス・アーキテクチャに軸足を置くことを選択しました。

レイクハウスとは? 簡単に言えば、レイクハウスはDatabricksが開拓したコンセプトで、ユニークなタイプのデータ管理システムです。 データレイクの良い部分(柔軟性やコスト効率など)とデータウェアハウスの良い部分(慎重なデータ管理など)を組み合わせたものです。 これにより、より優れたビジネスインテリジェンスと機械学習が可能になります。 その設計により、データチームがより簡単かつ迅速に使用できるようになりました。

すべてのクラウドで標準化されたスケーラビリティを持つこの戦略的な選択は、antuit.aiをハイテク業界において際立たせている先進的なアプローチの証です。

antuit.aiの 戦略的決定は顧客の利益

この選択が世界的なベーカリー・ブランドに与えた影響について、ひとつの重要な例を見てみましょう。 antuit.aiの助けを借りて ソリューションにより、このブランドは予測誤差を最大30%削減し、注文の精度を高め、生鮮品部門で不可欠な食品廃棄を大幅に削減することに成功しました。

antuit.aiがDatabricksと手を組んだことで、AIを活用した需要予測システムが誕生しました。 antuit.aiが提供するWorkcloud Forecasting& Analysisの採用は、このことを明確に示しています。 Databricks Data Intelligence Platformを中核とするこのデータ主導型ソリューションは、従業員にリアルタイムのデータインサイトを提供します。 生産から消費者までの全プロセスを効果的に最適化します。

antuit.aiの組み合わせは 直感的なインターフェースと徹底したAIワークフローを備えたAI機能は、「パーフェクトオーダー」ソリューションの新たな基準を打ち立てました。 これにより、予測誤差の大幅な削減、生産の微調整、きめ細かなデータに基づく地域ごとの配送が可能になりました。

このストーリーは、antuit.aiの価値を証明する強力な証となっています。 現実の世界でのソリューション 特にCOVID-19のパンデミックでは、必要な変更が数カ月ではなく数週間で実施されました。 これは、急速に変化する環境におけるAI技術の力を浮き彫りにしています。

antuit.aiとDatabricksの戦略的パートナーシップは、単なる技術的な決断ではありません。 このサクセスストーリーは、antuit.aiの実際の価値を示しています、 Databricksは、急速に進化するAIを活用したソリューションをお客様に提供します。

antuit.aiが業界をリードし続ける中、Databricksとの共生関係は他の業界プレーヤーにとって輝かしい手本となり、戦略的な決断と顧客中心のソリューションがAI主導の展望における可能性をどのように再定義できるかを示しています。 この旅は成功を早め、テクノロジーとビジネスのダイナミックな世界における物語を再構築し続けます。

なぜ社内インフラではなくDatabricksなのでしょうか?

Antuit.aiがDatabricks Data Intelligence Platformを採用したのは、単なる技術的な選択ではなく、個々のニーズに合わせた拡張性を確保するための戦略的な動きです。めまぐるしく変化する革新的な業界において、Databricksはantuit.aiの最先端ソリューションを支える堅牢なインフラを提供します。

antuit.aiがDatabricksを利用することで得られる利点は、製品立ち上げの迅速化と製品チームの権限強化に表れています。antuit.aiのチームは、独自のインフラストラクチャの保守を心配する必要がないため、収益を上げるソフトウェアの作成に集中することができ、AI業界のリーダーとして確固たる地位を築いています。

戦略的な利点だけでなく、antuit.aiのチームは具体的なメリットを目の当たりにしています。具体的には、Databricksに切り替えてから、分析クラウドへの支出を30%削減することができました。インフラコストの削減、生産性の向上、製品性能の強化は、Databricksとの提携による成果です。オペレーションの合理化、コスト効率の実現---antuit.aiのDatabricksとの旅は、実際に測定可能な価値を解き放つ旅です。

最後に、antuit.aiの Databricks社との戦略的パートナーシップは、社内業務の改善だけでなく、GTM(Go-to-Market)戦略の策定にも役立っています。 この関係は、上記のストーリーに見られるように、顧客の信頼向上に直接貢献しています。 Databricksデータインテリジェンスプラットフォームを活用することで、antuit.aiは安全でスケーラブルなデータストレージを確保し、信頼性と効率性の高いソリューションに対する評価をさらに確固たるものにしました。

Databricks 無料トライアル

関連記事

Industries category icon 1

How Edmunds builds a blueprint for generative AI

This blog post is in collaboration with Greg Rokita, AVP of Technology at Edmunds . Long envisioned as a key milestone in computing...
Industries category icon 2

因果機械学習による販促オファーの最適化

翻訳:Junichi Maruyama. - Original Blog Link 多くの企業は、取引を成立させたり、契約を更新させたり、サービスを購入させたりするために、顧客にプロモーションのオファーを提供している。このようなインセンティブは、販売者にとっては、購入と引き換えに顧客に提供される収益やサービスの面でコストがかかる。しかし、適切に適用されれば、取引を確実に成立させ、購入規模を拡大させることもできる。しかし、インセンティブオファーを受け取ったすべてのアカウントが同じように反応するわけではありません。不適切に適用された販促オファーは、取引の規模や速度に何の影響も与えないかもしれないし、不必要にマージンを損なうかもしれない。顧客にインセンティブを提案する組織は、オファーが取引完了の確率に与える影響を予測し、それが取引の純収益に与える影響を理解することが重要である。 プロモーション・オファーを最適化することで、より良い結果を導くことができる あるソフトウェア会社が、営業チームが異なる提案に対してどのようにオ
Industries category icon 3

レイクハウスで顧客生涯価値を見積もる

翻訳:Junichi Maruyama. - Original Blog Link スニル・グプタ博士は『 Driving Digital Strategy 』の中で、「20%の顧客が利益の200%を占めている」と指摘している。この数字が意味するところは、一部の顧客は、その顧客から得られる利益よりも、それ以上にコストがかかっているということである。正確な比率はビジネスによって異なるかもしれないが、小売企業や消費財企業は、価値の高い顧客を特定し、その顧客と長期的な関係を築き、そのような顧客を増やす一方で、リターンが見込めない顧客への投資を抑えることが極めて重要である。 課題は、特定の顧客の潜在的な収益性が常にわかっているわけではないということである。非サブスクリプション・モデルでは、顧客の出入りは自由であるため、ある瞬間にはハイパフォーマンスな顧客としての可能性を示し、次の瞬間には姿を消して二度と戻ってこないかもしれない。しかし、全体として見れば、顧客の取引に関連する頻度、頻度、金額(消費額)には比較的予測可能なパ
業界一覧へ