メインコンテンツへジャンプ
ページ 1

大手ベンチャーキャピタル会社が Databricks で GenAI を構築する方法

May 15, 2024 コルトン・ペルチェ による投稿 in 生成 AI
GenAI アプリケーションをうまく構築するには、最先端の最新モデルを活用するだけでは不十分です。 データ、モデル、インフラストラクチャを柔軟かつスケーラブルに統合し、本番運用に対応した 複合AIシステム を開発する必要 があります。これには、オープンソース モデルと独自モデルの両方、ベクター データベースへのアクセス、モデルの微調整、構造化データのクエリ、エンドポイントの作成、データの準備、コストの管理、ソリューションの監視を行う機能が必要です。 このブログでは、 Databricksへの投資も行っている大手ベンチャーキャピタル会社 (このブログでは「VC」と表記) の GenAI 変革について見ていきます。この VC は、社内でイノベーションを推進するだけでなく、将来の投資を導く GenAI アプリケーションを構築する機会をより深く理解したいと考えていました。この VC は、構造化ファンド データから「 Databricksにいくら投資したか、現在の価値はいくらか」などの情報を照会する Q&A...

調査:Databricks Assistant による生産性の向上

データ サイエンスとエンジニアリングの急速に進歩する分野では、生産性を向上させるために人工知能 (AI) の統合が不可欠になっています。 数多くのツールが登場し、データ実務者の生活を一変させ、複雑なタスクを容易にし、イノベーションを促進してきました。 2023 年 7 月に Databricks Assistant をパブリック プレビューでリリースしたとき、私たちはデータ サイエンティスト、アナリスト、エンジニア間の効率を合理化することのみを目的として設計しました。 この目標をどの程度達成しているかをよりよく理解するために、経験の異なる複数の組織のトップユーザーを対象に調査を行うことにしました。 調査の目的 Databricks Assistant がデータ プロフェッショナルに与える影響をより深く理解するために、幅広いユーザー エクスペリエンスを捉えられるようにこの調査を綿密に設計しました。 このアンケートを実施した目的は、アシスタントがユーザーの日常生活に与える影響をよりよく理解するだけでなく、アシスタント

Databricks モデルサービングの新たなアップデートで生成 AI アプリ開発を加速

May 9, 2024 アハメド・ビラルKasey Uhlenhuth による投稿 in 生成 AI
昨年、 Databricksモデルサービングにおける 基盤モデルのサポート を開始し 、企業が統合データおよび AI プラットフォーム上で安全でカスタマイズされた生成 AI アプリを構築できるようにしました。 それ以来、何千もの組織がモデルサービングを使用して、独自のデータセットに合わせてカスタマイズされた生成 AI アプリを展開してきました。 本日、生成 AI アプリの実験、カスタマイズ、展開を容易にする新しいアップデートを発表できることを嬉しく思います。 これらの更新には、新しい大規模言語モデル (LLM) へのアクセス、より簡単な検出、よりシンプルなカスタマイズ オプション、および改善された モニタリング が含まれます。 これらの改善により、生成 AI...

ついにスタート: ジェネレーティブAIラーニングの新提案

Original: Now Available: New Generative AI Learning Offerings 翻訳: junichi.maruyama Databricks Academyで提供するGenerative AI学習の新ポートフォリオを発表 大規模言語モデルへの 登録 : Databricks AcademyのApplication through Productionを今すぐ受講してください! ChatGPTやDollyなどのGenerative AIは、企業の将来の成功に欠かせない存在になっています。この市場で競争力を維持するためには、Generative AIを活用するためのスタッフのスキルアップとトレーニングが必要です。...

カスタマーサービスとサポートで大規模言語モデル革命を推進する

Original : Driving a Large Language Model Revolution in Customer Service and Support 翻訳: junichi.maruyama 独自のLLM対応ボットを作りたいですか?エンドツーエンドのソリューションアクセラレータを こちら からダウンロードしてください OpenAI’s ChatGPT , Google’s Bard...

Azure 環境でのモダン IIoT 分析 - Part 3

August 20, 2020 Samir GuptaLana KoprivicaHubert Duan による投稿 in 製品
モダン IIoT(産業用 IoT)アプリケーションのための Azure データ分析に関するブログを 3 部構成でお届けしています。前回の Part 2 では、フィールドデバイスからリアルタイムの IIoT データを Azure に取り込み、データレイク上で直接実行する複雑な時系列処理について解説しました。Part 3 となる今回は、機械学習を活用した予測メンテナンスで風力タービンの収益を最大にすると同時に、ダウンタイムによる機会コストを最小限に抑え、利益を最大化する手法を解説します。 モデルのトレーニングによって得られた結果とそれを視覚化したものは、以下のような Power BI レポートに表示されます。 下の図は、エンドツーエンドのアーキテクチャを示したものです。 機械学習:出力と残存耐用年数の最適化 風力タービンのような産業用資産のユーティリティ、耐用期間、運用効率における最適化は、収益とコストに多くのメリットをもたらします。このブログでは、風力タービンの収益を最大にすると同時に、ダウンタイムによる機会コスト