メインコンテンツへジャンプ

Hightouch Campaign IntelligenceとDatabricksでより深いマーケティングの洞察を引き出す

ネイト・ウォードウェル
サム・ソーヤー
ブライアン・スミス(Bryan Smith)
Share this post

次世代の顧客体験は、さまざまなタッチポイントから得られるデータと洞察に基づいて構築されます。 マーケティング担当者はこれらを通じて、顧客のニーズや嗜好の微妙な違いを察知し、顧客とビジネスの双方に付加価値をもたらすパーソナライズされたエンゲージメントを構築することができます。

しかし、そのためには慎重な思考、計画、実行が必要であり、どんなに綿密な計画を立てても成功が保証されるわけではありません。 このため、マーケティング担当者は、特定のオファーやコンテンツ単位に対する直接的な顧客の反応と、これらの取り組みがサポートすることを意図した包括的な組織目標の両方の観点から、取り組みの影響を慎重に検討することが不可欠です。 この分析により、マーケティングチームは時間と費用をどこに費やすべきかをより的確に判断できるようになります。

キャンペーンインテリジェンス:顧客データとマーケティングデータの統合

このような分析と洞察のニーズに対応するため、Hightouchはキャンペーンインテリジェンスを導入しました。 このソリューションは、営業ツールやマーケティングツールのデータを一元化されたデータレイヤーにまとめ、多角的な分析の基盤を提供します(図1)。

図1. カスタマイズ可能なダッシュボードとチャットベースのAIインターフェースにより、マーケティング担当者は自分たちの活動が売上にどのような影響を与えているかを簡単に分析できます。
Figure 1. Customizable dashboards and an chat-based AI interface make it easy for marketers to analyze how their activities are impacting sales

Hightouchのセマンティックマッピング機能により、情報資産に共通のマーケティングコンセプトとの関連性をタグ付けし、重要なデータ間のリンクを簡単に確立できます。(図2)

図2.Hightouch Campaign Intelligenceプラットフォームで使用するデータを準備するためのセマンティックマッピング
Figure 2. Semantic mapping to prepare data for use with the Hightouch Campaign Intelligence platform

キャンペーンインテリジェンスは、Databricks データインテリジェンスプラットフォームをこれらのデータの保存とマーケティング担当者の対話からのクエリの処理に利用することで、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで主要な疑問を簡単に解決することができます。 Databricksの共有データガバナンスレイヤー、つまりUnity Catalogを活用することで、データサイエンティストの特注作業によるものであれ、キャンペーンインテリジェンスソリューションによるものであれ、情報の一貫した管理を維持しながら、組織の幅広い業務をサポートするためにこれらのデータを利用できるようになります。

直感的なUIでマーケティング担当者のセルフサービスアクセスを実現

キャンペーンインテリジェンスは、マーケティング担当者がさまざまなチャネルやプラットフォームで実施中のキャンペーンを監視するための統合ビューを提供します(図3)。

図3.Campaign Intelligenceで複数のキャンペーンのパフォーマンスを並べて測定
Figure 3. Measuring performance of multiple campaigns side-by-side in Campaign Intelligence

キャンペーンインテリジェンスは、単にインサイトを提供するだけではありません。 例えば、マーケティング担当者は、顧客の離脱を理解するためにカスタムファネルを構築し、それらのファネルから任意のコホートをカスタムオーディエンスに変換して、将来のキャンペーンのためにツールに同期させることができます(図4)。 マーケティング担当者は、異なるキャンペーン活動が主要な指標にどのような影響を与えるかを理解するために、チャネル横断的なA/Bテストを実行して測定することもできます(図5)。

図4.マーケティング担当者は、Campaign Intelligenceでカスタムファネルを構築し、顧客セグメントをツールに同期��させることで、分析をすぐに行動に移すことができます。
Figure 4. Marketers can build custom funnels in Campaign Intelligence, and then immediately turn that analysis into action by syncing customer segments to their tools

図5.Campaign IntelligenceでA/Bテストとクロスチャネルのパフォーマンスを測定
Figure 5. Measuring A/B tests and cross-channel performance in Campaign Intelligence

Hightouch キャンペーンインテリジェンスにアクセスできない場合、マーケティング担当者は通常、BIサポートのためにデータチームに頼るか、ライフサイクルマーケティングや広告プラットフォームなどのさまざまなアクティベーションテクノロジーに組み込まれた別々のツールでデータを分析する必要があります。 このプロセスは時間がかかり面倒で、統合されたデータリポジトリにアクセスできなければ、結果は常に不完全なものでした。 現在、このような質問に対応するための一元化されたツールが登場したことで、マーケティング担当者はより簡単かつ効果的に取り組みのループを閉じることができ、取り組みのリターンを最大化する最善の方法を学ぶことができます。

Hightouch キャンペーンインテリジェンスの詳細については、https://hightouch.com/platform/campaign-intelligenceをご覧いただくか、当社のソリューション・エンジニアによるデモをご予約ください。

Databricks 無料トライアル

関連記事

レイクハウスからデータを活性化: Databricks VenturesがHightouchに投資した理由

翻訳:Saki Kitaoka. - Original Blog Link 現代の企業がデータへの投資を倍増させていることは周知の事実です。データへの投資は、あらゆる業種・業界の企業にとって競争力をもたらす深い顧客インサイトを明らかにするものです。 私たちは、レイクハウスが組織の中心に位置し、企業がビジネスチームの日常業務でこれらのインサイトを活用できるようになる未来を確信しています。そのため、Databricks Venturesは本日、データ活性化プラットフォームのリーディングカンパニーであるHightouchへの戦略的投資( strategic investment in Hightouch )を発表しました。この投資は、Hightouchの最近の $38 million funding round の一部であり、私たちのパートナーシップを拡大し、 the Databricks Lakehouse 上でネイティブに構築された...

レイクハウス上で「コンポーザブルCDP」を構築するには

October 18, 2023 ブライアン・サフトラーSteve Sobel による投稿 in 業界
翻訳:Saki Kitaoka. - Original Blog Link 顧客データは、あらゆる業界の最新組織にとって生命線です。組織がデータレイクハウスでデータチームとプラクティスをレベルアップするにつれて、レイクハウスをアナリティクスのソース・オブ・トゥルースとしてだけでなく、マーケティング、オペレーション、パーソナライゼーションなどの原動力となるエンジンとして使用するケースが増えています。 Databricks Ventures は、Data Lakehouse ネイティブのカスタマーデータプラットフォーム ( CDP ) を強化するため、Hightouch に投資しました( invested )。Hightouchは、DatabricksユーザーがLakehouseから直接顧客データを収集、保存、モデル化、活性化するために必要なすべての機能を提供します。このLakehouse中心のアーキテクチャは、独自のデータインフラストラクチャを中心とした完全な コンポーザブルCDP を作成します。このブログでは、L
業界一覧へ