Hive Date Function:
Hive 日付関数

用語集のトップページへ

ハイブ日付関数とは

Hiveでは、データの処理や照会を行う際に役立つ多くの組み込み関数を提供しています。これらの関数が提供する機能には、文字列操作、日付操作、型変換、条件演算子、数学関数などがあります。

HIVE の組み込み関数の種類

日付関数

日付に日数を加算したり、他の類似の演算を追加するなど、日付データ型に対する操作を実行するために主に使用されます。

数学関数

主に数学的計算を実行するために使用されます。

条件関数

条件をテストするために使用され、テスト条件が真か偽かに基づいて値を返します。

文字列関数

文字列の長さを検索するなど文字列に対する操作を実行するために使用されます。

集約関数

配列やマップなどの複合型のサイズを求めるために使用されます。SIZE関数という集約関数が1つ提供されています。この関数の主な用途は、配列とマップ内の要素の数を検索することです。

型変換関数

データをある型から別の型に変換する場合に使用します。型変換関数は CAST だけです。

テーブル作成関数

この関数を使用することで1 つの行を複数の行に変換できます。EXPLODEは、唯一のテーブル作成関数で、配列を入力として使用し、配列の要素を別々の行に出力します。

日付タイプ

日付タイプは高度にフォーマットされています。日付の値には、世紀、年、月、日、時、分、秒が含まれます。これらの関数は、日付に日数を加算する、日付型を別の型に変換するなどの、日付データ型に対する演算を実行するために使用されます。一般的に使用される Hadoop Hive の日付と時刻関数は以下のとおりです。
関数名 戻り値の型 説明
Unix_Timestamp BigINT 現在の Unix タイムスタンプを秒単位で取得
To_date (文字列タイムスタンプ) String タイムスタンプ文字列の日付部分を取得して返します
year (文字列日付) INT 日付またはタイムスタンプ文字列の年部分を取得して返します
quarter
(日付/タイムスタンプ/文字列)
INT quarter関数は Hive 1.3で導入。日付、タイムスタンプ、または文字列の年の1/4を日付として取得し、1~4の範囲で指定
month
(文字列日付)
INT 日付またはタイムスタンプ文字列の月の部分を返します
hour
(文字列日付)
INT タイムスタンプの時間を取得し返します
minute
(文字列日付)
INT タイムスタンプから分を返します
Date_sub
(文字列開始日、INT日)
String 指定した日付までの日数を減算します
Current_date 日付 クエリ評価の開始時に現在の日付を返します
LAST _day
(文字列日付)
String 日付が属する月の最後の日を取得して返します
trunc
(文字列日付、文字列形式)
String TIMESTAMP値からフィールドを取り除きます

関連リソース


用語集のトップページへ