リテール向けレイクハウス

用語集のトップページへ

リテール向けレイクハウス

  • リテール向けレイクハウスは、Databricks 初の業界特化型レイクハウスです。ソリューションアクセラレータ、データ共有のケイパビリティ、パートナーエコシステムを通じて、小売業者の迅速な業務遂行を支援します。
  • リテール向けレイクハウスは、テクノロジー、パートナー、ツール、業界イニシアチブの集大成であり、データと AI における強力なコラボレーションを推進します。リテール向けレイクハウスの主要な構成要素は、次の 4 つです。
    • データと AI の統合プラットフォーム:現代の小売業に求められる重要な機能を単一のプラットフォームで提供します。
      • データに基づいたリアルタイムな意思決定
      • 強力な AI を活用した正確度の高い分析
      • 単一の統合プラットフォームであらゆる種類のデータを活用
    • パートナーソリューション:リテール向けレイクハウスにおいてパートナーが事前構築したユースケースソリューションを採用することにより、お客様のリテール向けレイクハウスの確実な導入を可能にします。
    • 業界データの共有とコラボレーション:セキュアでオープンなデータ共有とコラボレーションが、パートナーとのイノベーションを促進させます。
    • ビジネスを加速するツール:Databricks とパートナーによるリテール向けのソリューションアクセラレータが、レイクハウスの迅速な導入と価値創出を支援します。

リテール向けレイクハウスを選ぶ理由

この 2 年間のパンデミック影響下で、小売業者は、eコマースへの大胆な移行と、消費者の嗜好やニーズの変化への対応を余儀なくされました。このような環境の変化に対応すべく、リテール向けレイクハウスを導入した小売業者では、次のようなソリューションを戦略に組み込んでいます。
  • リアルタイムな運用:企業における大規模データの迅速な取り込みや、バリューチェーン全体でのリアルタイムな知見の活用は不可欠です。
  • 技術的な問題の解決:あらゆる製品にきめ細かな分析を実行し、厳しい SLA 要件を満たします。
  • マルチモーダルデータによる迅速で効率的な分析:構造化データは、企業が所有するデータ全体の 5~10% にすぎません。残りの 90% のデータを有効活用することで、取り巻く環境をより深く理解できるようになり、的確な意思決定が可能になります。
  • 低コストかつオープンなコラボレーション:データと分析には、バリューチェーンにおける全てのパートナーとのオープンな連携と、イノベーションを可能にするコラボレーションが欠かせません。また、コラボレーションを強化することで、業務効率の向上、より優れた分析、バリューチェーン全体の調整コストの削減が可能になります。

小売業者にとってのメリット

即時のメリット:データへのリアルタイムなアクセス 

  • バッチ式のアクセス、分析、コンピューティングからデータへのリアルタイムなアクセスに移行することで、データは常時稼働の状態となり、正確でタイムリーな意思決定とビジネスインテリジェンスを推進できます。需要予測、パーソナライゼーション、店頭在庫の可用性、到着時間予測、オーダーピッキングとコンソリデーションといったリアルタイムのユースケースは、サプライチェーンの俊敏性の向上や、サービス提供コストの削減、製品の可用性の最適化、在庫補充を通じて組織に価値をもたらします。

長期的なメリット:データのコラボレーション

  • 小売業では、常にコラボレーションを重視してきました。しかし、ほとんどの場合、データの共有やデータのコラボレーションは実現していませんでした。リテール向けレイクハウスは、この状況を変革します。小売業者、サプライヤー、代理店、流通業者がオープンかつセキュアな環境でデータを共有することで、よりきめ細かなユースケースが可能となり、さらなる消費を促します。
リテール向けレイクハウスの詳細は、こちらをご覧ください。

関連リソース


用語集のトップページへ