設備総合効率( OEE )

用語集のトップページへ

設備総合効率( OEE )とは

設備総合効率 OEE ) は、 製造 におけるオペレーションが、予定されている期間中に、その潜在的な能力(設備、時間、材料)に対して、どれだけ利用されているかを示す指標です。製造時間のうち、実際の稼働時間の割合を特定することができます。OEE は、離散的または連続的なプロセスの総合的な性能を示すダッシュボードです。OEE は 100% で最大となり、良い部品だけが( 100% 品質)、最高速度で( 100% 性能)、中断なく( 100% 稼働率 )生産されることを意味します。

OEE の測定は、製造業のベストプラクティスです。OEE とその背後にある損失を測定することで、製造プロセスを体系的に改善するための重要な知見を得ることができます。OEE は、ロスの発見、進捗のベンチマーク、製造装置の生産性向上(例:ムダの排除)に有効な指標です。

デジタルツインが重要な理由

OEE は何十年も前から製造業の主要な指標として使用されています。歴史的には、 OEE モニタリング は、バッチベースで機械から直接手動でデータを収集し、指標を計算していました。OEE は過去のパフォーマンスを監視するリアクティブなダッシュボードです。 OEE の真の力は、 OEE の構成要素を改善するユースケース、つまり稼働率を改善するための予測保守の展開や、予測機能を持つ品質を改善するためのコンピュータビジョンを活用した品質管理の実施を導くことにあります。

Databricks の差別化された機能

  • Databricks のレイクハウスは、Delta、Delta Live Tables、オートローダー、Photon などのテクノロジーを使用しており、お客様におけるリアルタイムなデータアクセス、意思決定を可能にします。
  • 製造業のためのレイクハウスは、最大規模のデータジョブをニアリアルタイムの間隔でサポートします。例えば、トランザクションログシステムから 15 秒間隔で 1 日あたり 4 億件近いイベントを顧客から取得している場合、データ処理を行うとレポーティングや分析が中断されるため、ほとんどの小売業者では、夜間にバッチ処理を行いデータウェアハウスにデータをロードします。中には、週次または月次でデータをロードしている企業もあります。
  • レイクハウスのイベントドリブンなアーキテクチャでは、ラムダアーキテクチャなどの従来のアプローチと比較して、バッチデータやストリーミングデータの取り込みと処理がシンプルです。このアーキテクチャは、変更データの取得処理を実行し、ACID コンプライアンスのトランザクションをサポートします。
  • Delta Live Tables は、データパイプラインの構築をシンプルにし、リネージを自動的に作成して運用管理をサポートします。
  • レイクハウスは、リアルタイムストリーミングのデータを取り込み、ストリーミングデータに対する分析を可能にします。データウェアハウスでは、いかなる分析を行うにも、データウェアハウスからの抽出、変換、ロード、追加抽出が必要です。
  • Photon は、画期的なクエリ性能を提供します。ユーザーは最大規模のデータセットにクエリを実行し、BI ツールでのリアルタイムな意思決定を可能にします。

OEE の予測能力を構築するためには、どのようなデータの課題に対処する必要があるでしょうか。

  • IoTデータの量と多様性に対応 - OEE メーカーに組み込まれた予測型ユースケースを実現するために、レイクハウスは、毎秒の温度、圧力、振動の間欠測定から、完全に構造化されていないデータ(画像、ビデオ、テキスト、スペクトルデータなど)やサーモグラフィーや音響信号などの他の形態の処理まで、多様に対応するドライバとプロトコルを通じて配信されるエッジからのあらゆる種類の多様なデータ構造とスキーマを扱います。
  • リアルタイムデータの複雑性を管理:継続的なプロセス監視、スループット最適化、予知保全を推進するために、レイクハウスはストリーミングデータのリアルタイム分析を可能にします。レイクハウスは、ストリーミングデータをリアルタイムまたはほぼリアルタイムで効率的に取り込み、保存、処理し、瞬時に洞察とアクションを提供します。
  • 独立したサイロからデータの解放 - バリューチェーン内の専門的なプロセス(イノベーションプラットフォーム、 QMS 、 MES など)は、独自のサイロ化したソリューションに合わせた異種のデータソースとデータ管理プラットフォームに報酬を与えます。このような狭い範囲のソリューションでは、企業横断的なデータから得られる知見のごく一部しか考慮されず、企業価値が制限されます。さらに、重複するサイロ化したソリューションは、ビジネスを分割し、コラボレーションの機会を制限してしまいます。また、レイクハウスはバリューチェーンのあらゆるポイントからストリーミングデータを取り込み、保存、管理、処理し、 Data Historians 、 ERP 、 MES 、 QMS のソースと組み合わせ、実用的なインサイトに活用することが可能です。
  • 多様な分析能力 - レガシーデータウェアハウスは、プラットフォームの使用状況やパフォーマンスに関する洞察や分析を提供する能力が限られています。Connected Manufacturing IoT ソリューションのために、レイクハウスは幅広い分析オプションを提供します。例えば、 SQL 分析や検索機能から、機械学習やモデリングをサポートするツール、さらにダッシュボードやビジネス分析に特化した主要なビジネスインテリジェンス( BI )ソリューションなどです。
  • 予測モデリング機能 - 予測モデリング機能は、洞察を提供するための鍵です。レイクハウスは、運用に影響を与える前に障害を予測し、防止するために使用されるノートブックドリブンの機械学習機能を提供します。

関連リソース


用語集のトップページへ