予測型メンテナンス

用語集のトップページへ

予測型メンテナンスとは

予測型メンテナンスとは、一言でいうと、予め定められたスケジュールだけでなく、設備の実際の状態や状況に基づき、いつ頃、具体的にどのようなメンテナンスを行うべきかを判断し、設備の稼働時間と生産性を最大化するためのものです。故障を予測や予防し、適切な定期メンテナンスを実施することで、コストのかかる機器のダウンタイムを削減できます。

IoT とセンサーデータが機器からストリーミングされることで、予測型メンテナンスは、製造業者が効率的に機械が停止するタイミングを予測することを可能にします。データは、ばらつきを検知し警告信号を把握することで、故障の可能性を示すあらゆるパターンを特定します。製造業者は、分析と機械学習を使用し機械が停止する確率を正確に予測できます。これにより、早期修正対策の計画(スペアパーツの発注や修理のスケジューリングなど)と最も効果的な方法での導入が可能になり、予想外のダウンタイムとコストがかかってしまうスタッフやリソースを回避できます。

なぜ予測型メンテナンスが重要なのか

IoT とデータ分析を用いて故障を予測や予防することで、全体のダウンタイムを 50% 削減することができます。(McKinsey)

Databricks の差別化された機能

  • Databricks のレイクハウスは、Delta、Delta Live Tables、オートローダー、Photon などのテクノロジーを使用しており、お客様におけるリアルタイムなデータアクセス、意思決定を可能にします。
  • 製造業のためのレイクハウスは、最大規模のデータジョブをニアリアルタイムの間隔でサポートします。例えば、トランザクションログシステムから 15 秒間隔で 1 日あたり 4 億件近いイベントを顧客から取得している場合、データ処理を行うとレポーティングや分析が中断されるため、ほとんどの小売業者では、夜間にバッチ処理を行いデータウェアハウスにデータをロードします。中には、週次または月次でデータをロードしている企業もあります。
  • レイクハウスのイベントドリブンなアーキテクチャでは、ラムダアーキテクチャなどの従来のアプローチと比較して、バッチデータやストリーミングデータの取り込みと処理がシンプルです。このアーキテクチャは、変更データの取得処理を実行し、ACID コンプライアンスのトランザクションをサポートします。
  • Delta Live Tables は、データパイプラインの構築をシンプルにし、リネージを自動的に作成して運用管理をサポートします。
  • レイクハウスは、リアルタイムストリーミングのデータを取り込み、ストリーミングデータに対する分析を可能にします。データウェアハウスでは、いかなる分析を行うにも、データウェアハウスからの抽出、変換、ロード、追加抽出が必要です。
  • Photon は、画期的なクエリ性能を提供します。ユーザーは最大規模のデータセットにクエリを実行し、BI ツールでのリアルタイムな意思決定を可能にします。

関連リソース


用語集のトップページへ