メインコンテンツへジャンプ

Databricks Assistant

Your context-aware AI assistant

Databricks Assistant

データと AI プロジェクトをより迅速に構築

Databricks Assistant は、会話型インターフェイスでデータのクエリを提供し、Databricks での生産効率を向上させます。タスクを自然言語で説明すると、Assistant が SQL クエリの生成、複雑なコードの説明、エラーの自動修正をします。Assistant は、Unity Catalog のメタデータを活用して、企業全体のテーブル、列、説明、一般的なデータ資産を理解し、パーソナライズされた応答を提供します。

generate code

SQL/Pythonコードの生成

Databricks Assistant は Databricks の各編集画面にネイティブに統合されています。編集画面(ノートブック、SQLエディタ、ファイルエディタ)に応じて、関連するSQLクエリまたは Python コードを返します。定型的なコードを記述したり、開始するためのコードを提供したりすることで、プロジェクトを加速させるのに役立ちます。その後、コードの実行やコピー、または新しいセルに追加して今後の開発に活用できます。

explain code

コードやクエリの説明

Databricks Assistant は、複雑なコードやクエリを明確で簡潔な言語で記述できます。新しいプロジェクトの迅速な立ち上げと理解を深める役に立ちます。

fix issues

問題の修正

Databricks Assistant はコードのエラーを特定し、修正を推奨します。構文エラーなどの問題が発生した場合は、Assistant が問題を説明し、修正案を含むコードスニペットを作成します。修正したコードを直接エディターに追加して、再実行することも可能です。

Get contextual responses

使用に合わせてカスタマイズされた、状況に応じた応答を取得できます。

Databricks Assistant は、より正確で関連性の高い結果を提供するために、多くのシグナルを使用しています。コードセル、ライブラリ、一般的なテーブル、Unity Catalog のスキーマ、タグからのコンテキストを使用して、自然言語の質問をクエリとコードにマッピングします。

将来的には、LakehouseIQ 統合を追加し、お客さまのリクエストにより多くのコンテキストを提供する予定です。

詳しく見る

icon

データエンジニアリング

icon

データサイエンス

icon

AI・ML

icon

データガバナンス

icon

データウェアハウス

icon

データストリーミング

無料お試し・その他ご相談を承ります