メインコンテンツへジャンプ
ページ 1

データ& AIスキルを最新のサービスで向上させましょう:Databricks Academy Labsとブレンデッドラーニング

Databricks、実習ソリューションとコホート型学習を開始 データ+AIのエキスパートから、 Databricks Academy Labsと ブレンデッド・ラーニングという 、実務家が最先端のテクノロジーを活用するための2つのユニークな方法を発表します。 Databricks Academy Labsは、Databricks環境におけるオンデマンドのハンズオンガイド付きラボ体験です。 ブレンデッド・ラーニングは、あらゆるスタイルの学習者に対応できるよう、自習型とインストラクターによる週1回のセッションの両方を組み合わせ、コースの修了と知識の定着を最適化します。 Databricks Academy Labsとブレンデッドラーニングを組み合わせることで、自分のペースで学習できるものから、実践的、体験的、コホートベースの学習まで、さまざまな学習オプションが可能になります。 これらのコースは、それぞれ異なる学習嗜好に対応し、実りある学習体験ができるよう特別に設計されています。 期間限定で、Databricksはこ

業界初のジェネレーティブAIエンジニア学習パスウェイと認定資格を発表しました

本日、データおよびAIの実務家がジェネレーティブAIで成功するためのリソースを確保できるよう、業界初の ジェネレーティブAIエンジニアの 学習パスウェイと認定を発表します。 Databricksでは、ジェネレーティブAIが実務家と組織の革新と生産性向上に貢献し続けることを認識していますが、実務家が成功するためにはスキルアップと再スキルが必要です。 この新しいトレーニングは、データサイエンティスト、機械学習エンジニア、開発者がジェネレーティブAIの旅の途中で出会うための3つの学習コンポーネントで構成され、DatabricksジェネレーティブAIエンジニアアソシエイト認定試験でクライマックスを迎えます。 Generative AI Engineer Learning Pathway& 認定資格 ジェネレーティブAIのスキルアップの必要性 ジェネレーティブAIとその応用は急速に進歩し続けています。 ハーバード・ビジネス・レビュー』誌 は、このテクノロジーによって、これまでにない加速度的なペースで専門知識に対する

データ文化の構築により、チームのパフォーマンスを向上させる方法

データ文化の定義は組織によって異なります。データ文化とは、組織がデータ中心になることを可能にする、共有された価値観、態度、行動のことです。Databricksでは、洞察の獲得、データ主導の意思決定、ビジネスパフォーマンスの向上、AIの実現を通じてデータ文化を考えています。データ文化を持つことはデータエグゼクティブの間で一般的なトピックになりつつありますが、多くの組織はまだそこに至っていません。 業績を加速する上でデータ中心の文化を持つことの重要性を示す研究は数多くあります。 Forrester 社は、「意思決定のための洞察力を高めるためにデータを使用している組織は、2桁成長を達成する可能性が約3倍高い」と述べています。同様に MIT は、「データ重視の企業文化は、収益の増加、収益性の向上、経営効率の改善につながる」と述べています。 データ文化の醸成における課題 企業はデータ文化の構築が重要だと考えているかもしれませんが、それを成功に導くには多くの課題があります。最も一般的な落とし穴は、1)既存の労働力におけるデー

edXの新しい専門家主導の大規模言語モデル(LLMs)コースに登録する

Original : Enroll in our New Expert-Led Large Language Models (LLMs) Courses on edX 翻訳: junichi.maruyama edXの 入門コース に今すぐ登録する!コースは2023年夏開始予定です edXの新しい大規模言語モデルコース Large Language Model...