メインコンテンツへジャンプ

Databricks が AWS GovCloud 上で FedRAMP High agency ATO を取得、現在パブリックプレビュー中

フィリッポ・セラチーニ
ドミトリー・レイヴァンド
ケリー・アルバノ
リサ・シオン
Share this post

私たちは、Databricks on AWS GovCloudが現在パブリックプレビュー中であること、そして最近、最初のFedRAMP® High Agency ATOを獲得したことを発表できることを嬉しく思います! 国際武器取引規制(ITAR)およびHIPAAのユースケースをサポートする準備が整いました。間もなく国防総省影響レベル 5 (IL5) の暫定認可が得られる予定です。

本日の発表は、Databricks にとってエキサイティングなコンプライアンスマイルストーンの最新版です。 これは、FedRAMP Highのスポンサー機関とプレビューのお客様の功績を称えるものであり、米国市民権移民サービス、メディケアおよびメディケイドサービスセンター、米国食品医薬品局のような公共部門のお客様が、市民サービスの向上とミッションの成功を達成するためのデータインテリジェンスの約束を実現するための支援に重点を置いていることを反映しています。

「Databricks が FedRAMP High agency ATO を達成したことを誇りに思うと同時に、安全でスケーラブルなデータ分析ソリューションで連邦政府機関を支援するという当社の揺るぎないコミットメントを再確認します。 このマイルストーンは、最高水準のデータセキュリティとコンプライアンスを維持しながら、政府機関のミッションクリティカルな業務をサポートするという当社の献身を強調するものです」 - Aaron Kinworthy, Vice President of Federal Sales, Databricks

このブログでは、AWS GovCloudで現在利用可能なDatabricks製品と、FedRAMP Highに関連する適用可能なコントロールを満たすためにDatabricksワークロードを有効にする方法について説明します。

ガバナンス、データウェアハウス、ETL、その他 - 米連邦政府機関および請負業者向けに提供開始

昨年秋、私たちは Lakehouse アーキテクチャの既存のユニークな機能をベースにした Databricks データインテリジェンスプラットフォームを発表しました。データとAIにまたがる統一されたガバナンスレイヤー、ETL、SQL、機械学習、BIにまたがる単一の統一されたクエリエンジン、そしてデータの独自性を理解するデータインテリジェンスエンジンを備えた業界唯一のデータプラットフォームです。 AWS GovCloud 上で Databricks の使用を開始すると、Databricks SQLUnity CatalogDelta SharingLakeview Dashboards、および Delta Live Tables などのプラットフォーム内の主要な製品を利用できるようになります。 パブリックプレビューで利用可能な機能の全リストは、ドキュメントをご覧ください。

「AWS GovCloud上でDatabricksを利用することで、Unity Catalog、DBSQL、Delta Live Tablesなどの主要ソリューションを活用することができます。 これは当社にとって大きなロックの解除です。 ワークスペースで個別に権限を管理する時代は終わりました。 外部システムを使って資産にタグを付け、維持しようとする時代は終わりました。 Unity Catalogでは、すべてが非常にシンプルで透明性が高く、アセットのガバナンスとコントロールが向上し、ユーザーエンゲージメントが向上します。 DBSQL も同様に、Lakeview ダッシュボードやアラート機能など、アナリストにとってより使いやすいツールを提供します。 GovCloudのユースケースに対するこれらの大きな機能改善により、私たちはDatabricksデータインテリジェンスプラットフォームの上で、より速く、より自信を持って前進することができるようになりました」 - Precision Castparts Corp.データアーキテクチャ担当シニアマネージャー、ニコラス・レニー氏

Databricks Enhanced Security and Compliance アドオンで FedRAMP High 準拠のワークロードを確保

FedRAMP High に準拠するようにワークロードを構成するために、Databricks on AWS GovCloud 環境で作成されたすべてのワークスペースで Compliance Security Profile ("CSP") が自動的に有効になります。 追加のモニタリング、ノード間暗号化のための強制インスタンスタイプ、ハード化されたコンピュートイメージ、およびFedRAMP Highコンプライアンスに該当するコントロールを満たすのに役立つその他の機能を備えています。 CSPは、Enhanced Security and Compliance(「ESC」)アドオンの一部として提供され、規制対象の機密データセットを処理する際のお客様のセキュリティおよびコンプライアンスのニーズをサポートする技術的機能を提供します。 Enhanced Security and Complianceアドオンの詳細については、製品ページをご覧ください。

次のステップ

Databricks on AWS GovCloudは、まずus-gov-west-1リージョンでパブリックプレビューが利用可能です。 詳しくはドキュメントをご覧ください。 ぜひお試しください。

Databricks Data Intelligence Platform for Public Sectorの詳細については、当社のウェブページをご覧ください。 米国連邦政府のお客様とのお取引の詳細については、連邦政府のページをご覧ください。

Enhanced Security and ComplianceアドオンおよびDatabricksコンプライアンス認証の詳細については、Databricks Security and Trust Centerをご覧ください。

Databricks 無料トライアル

関連記事

効率的なデータ管理によるサイバー耐性の強化:M-21-31への対応

今日の環境では、積極的なサイバーセキュリティは公共機関にとって極めて重要です。 多くの組織では、セキュリティ担当者が効果的な脅威の監視やインシデント対応に必要なログ・データに容易にアクセスできる場所がなかったり、サイロ化された部門に分散していたりします。 場合によっては、データは短期間の運用目的のみのために保管される場合もあります。 これは、効果的なセキュリティ管理能力を著しく制限し、重要なサイバー情報への安全なアクセスだけでなく、効果的なログ保持の必要性を強調しています。 2021年、ホワイトハウスは OMB M-21-31覚書 を発表し、連邦政府機関はサイバーインシデントの検出、調査、修復を支援するため、情報システムのログを複数年にわたって保持することを義務付けました。 これにより、政府機関が対処しなければならない複数の課題が生じます。 第一に、M-21-31で要求される長期間に渡る大量のデータの保存は、特に比較的高コストのオンプレミスや独自の商用のストレージで行う場合、コストがかかります。 さらに、一元化さ

米空軍ハッカソン:大規模言語モデルが米空軍の飛行試験にどのような革命をもたらすか

[配布に関する声明 A. 公開を承認;配布は無制限 412TW-PA-24004] 本書は、米国空軍、国防総省、または米国政府の公式な方針または立場を反映するものではありません。 米空軍(USAF)ハッカソンとは? 空軍テストセンター(AFTC)データハッカソンは、AFTCのテスト専門家が1週間にわたって集まり、新しい技術を駆使して空軍の新たな問題に取り組むコンソーシアムです。 今回の第5回ハッカソンでは、大規模言語モデル(LLM)に焦点を当て、AFTCの3つの拠点に44名の参加者が集まり、また遠隔地からの参加者もありました。 OpenAIのChatGPTのようなLLMは、急速に技術分野で注目を集めるようになり、コードの初期化や文章コンテンツの下書きにデジタルアシスタントを利用するというアイデアが主流になりつつあります。 このような利点があるにもかかわらず、空軍では、機密情報を領域外に暴露する可能性があるため、商用モデルの短期的な使用には制約があります。 機能するLLMを空軍の境界内に配備したいという意欲はありま
業界一覧へ