アノマリー検知

用語集のトップページへ
アノマリー検知とは、定常状態とは統計的に異なる不審なイベントや観測値を特定する手法です。異常検知とも呼ばれます。このような「異常」な挙動は、多くの場合に、クレジットカードの不正使用、マシンの故障、サイバー攻撃といった問題の存在を意味します。例えば、膨大な数のトランザクションの監視が必要な金融業界では、アノマリー検知がエラーの発生場所の特定や原因の分析を支援し、問題への迅速な対応を可能にします。また、検知した異常値をもとにしたアラートの発行にも活用され、担当者の行動を促します。そこから得られる情報は、カオスエンジニアリングにも利用されます。最近では、詐欺行為の検知やマネーロンダリング対策(AML)に機械学習や AI が活用されるケースが増えています。

関連リソース


用語集のトップページへ