Bioinformatics:
バイオインフォマティクス

用語集のトップページへ
バイオインフォマティクスは、膨大な生物学のデータのコレクションから知識を抽出するために計算を使用する研究分野です。

バイオインフォマティクスチャート

バイオインフォマティクスは、生物学のデータの保存、取得、整理、分析を行うバイオテクノロジーにITを活用することを指します。膨大なデータ量がゲノム配列決定プロジェクトや他の研究から生成されており、このデータ急増により、実に生物学における課題のほとんどは、膨大な計算の必要性に迫られています。バイオインフォマティクスという用語は、1970年にポーリーン・ホフヴェイ(Paulien Hogeweg)氏とベン・ヘスパー(Ben Hesper)氏によって初めて使われました。その意味は現在とは異なり、「生物的システムでの情報処理に関する研究」関連を指し、最初の生物学的配列データが共有され始めたときに誕生しました。この用語は現在、計算構造生物学、化学生物学、システム生物学(データ統合とシステムモデリングの両方)など、はるかに広範囲で使用されています。高度な学際的なこの分野には、応用数学、インフォマティクス、統計学、コンピュータサイエンス、人工知能、化学、生化学といった複数部門の知識が関係しており、バイオインフォマティクスは最新の生物学や医学におけるデータ管理に不可欠です。この興味深いサイエンス分野での用途や研究領域は数多く、その代表例は次のとおりです。
    • 配列分析
    • タンパク質構造予測
    • ゲノムアノテーション
    • 比較ゲノミクス
    • ヘルスケアおよび創薬
    • 廃棄物処分
    • バイオテクノロジー

関連リソース


用語集のトップページへ