Data Analysis Platform:
データ分析プラットフォーム

用語集のトップページへ

データ分析プラットフォームとは

データ分析プラットフォームとは、膨大で複雑な動的データの分析に必要なサービスとテクノロジーのエコシステムです。企業が所有する各種ソースからのデータの取得、結合、連動、検索、視覚化を可能にします。包括的なデータ分析プラットフォームには、予測分析、データ視覚化、ロケーションインテリジェンス、自然言語、コンテンツ分析など、さまざまな機能を搭載した複数のツールが組み込まれています。その主な目的は、あらゆる種類のデータを実用的な洞察に変換し、真のビジネス成果につなげることです。 分析アプリケーションこれらのプラットフォームは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の不十分さに対するユーザー、特にビッグデータを扱うユーザーからの要求に対応し、組織がより多くの情報に基づいてビジネス上の意思決定ができるようにします。

包括的なビッグデータ分析プラットフォームで実現可能:

  • 異なるビッグデータソースを統合してユーザーに透明性の高いビューを提供
  • 組織のデータ資産を管理および保護することで、一般に理解しやすい、正確性、信頼性、安全性を備えた企業データを保証
  • データ、リソース、アプリケーションを監視、システム全体の正常性と性能の確認と評価

データが質的か量的かを問わず、適切に実行されたビッグデータ分析で実現可能:

  • データの記述と要約
  • 変数間の相関関係の特定
  • 変数の比較
  • 変数間の差異の特定
  • 隠れた市場の探求
  • 顧客の未充足ニーズの発見
  • 顧客の未充足ニーズの発見によるコスト削減
  • 結果予測
  • 革新と大幅な改善の促進
ビッグデータには、信頼性、柔軟性、経済性に優れたスケーラブルなソリューションである Hadoop が、要件に適した望ましい選択肢です。Hadoop は大規模データを HDFS(Hadoop 分散ファイルシステム)に格納できる機能を持ちます。ただし、Hadoop のみがビッグデータの唯一のソリューションというわけではなく、市場で利用可能な大規模データの分析用ツールは、MapReduce、Pig、Hive など、複数存在します。  

関連リソース


用語集のトップページへ