メインコンテンツへジャンプ
<
ページ 3
>

データ文化の構築により、チームのパフォーマンスを向上させる方法

データ文化の定義は組織によって異なります。データ文化とは、組織がデータ中心になることを可能にする、共有された価値観、態度、行動のことです。Databricksでは、洞察の獲得、データ主導の意思決定、ビジネスパフォーマンスの向上、AIの実現を通じてデータ文化を考えています。データ文化を持つことはデータエグゼクティブの間で一般的なトピックになりつつありますが、多くの組織はまだそこに至っていません。 業績を加速する上でデータ中心の文化を持つことの重要性を示す研究は数多くあります。 Forrester 社は、「意思決定のための洞察力を高めるためにデータを使用している組織は、2桁成長を達成する可能性が約3倍高い」と述べています。同様に MIT は、「データ重視の企業文化は、収益の増加、収益性の向上、経営効率の改善につながる」と述べています。 データ文化の醸成における課題 企業はデータ文化の構築が重要だと考えているかもしれませんが、それを成功に導くには多くの課題があります。最も一般的な落とし穴は、1)既存の労働力におけるデー

[ゲスト投稿:Tecton]レイクハウスにおけるリアルタイムの不正検知

November 22, 2023 ニック・リーニティン・ワグ による投稿 in Databricks ブログ
不正行為の代償は計り知れない。 2022年には、不正行為の1つであるカード非携帯型不正行為が、米国だけで約60億ドルの損失をもたらした。 連邦取引委員会によると、米国における詐欺のトップ5は以下の通りである 1 : 偽者 オンラインショッピング 賞品、懸賞、宝くじ 投資 ビジネスと仕事の機会 すでに多くの企業が、リアルタイムの不正防止と検知を大規模に自動化するためにAIを活用し始めている。 しかし、これは詐欺師が絶えず新しい方法を考え出し、発見をすり抜ける、猫とネズミのゲームなのだ。 AIモデルは常に進化し、最も新鮮なデータを入力として取り込む必要があるため、機能の鮮度とモデル開発のスピードが成功に不可欠となる。 このブログでは、Tecton on Databricksを活用してリアルタイム不正検知システムを構築するための主な方法をご紹介する。 最後に実際の例をいくつか挙げているので、読んでみてほしい! MLフィーチャーパイプラインの拡張 不正は、膨大で大量のネットワーク(1秒間に何千ものトランザクションがあると

『ラーニングフェスティバル』でデータ+AIキャリアを加速させましょう

データ+AIのキャリアを加速させるロールベースの学習を通じたスキルアップ Databricksは、データ、アナリティクス、AIの各分野における学習者向けの技術トレーニングの作成と反復に長年を費やし、スキルアップや再スキルを目指す個人、チーム、組織がアクセスしやすく適切なコンテンツを利用できるようにしています。 データ、アナリティクス、AIにおけるAI/MLと役割の爆発的な増加に伴い、多くの組織で新しいテクノロジーを採用する必要性が加速しています。 2022年から2025年にかけて、AIに関わる 9,700万件の雇用が 創出されると予測されています。 これは、スケーラブルな方法で人材をスキルアップさせるというユニークな課題を提示しています。 Databricksの『ラーニングフェスティバル』であなたのキャリアを高めよう Databricksのバーチャルラーニングフェスティバルは、データエンジニアリング、データサイエンス、データアナリティクスの各コースを、 お客様、見込み客、パートナーの ために構築し、スキルアップと

集まれ!Legendary Heroes of DATA + AI !! Vol 6

October 31, 2023 [email protected] による投稿 in Databricks ブログ
日本のDatabricks Championの皆様に、目指したその理由や、これからの思いについて伺う「集まれ!Legendary Heroes of DATA + AI !!」。Legendary Heroes of Data+AI の皆さんの輪もドンドン広がっています!できる限りこちらでご紹介を続けていきたいと思いますので、是非引き続きご覧ください! さて、今回はVol.6として満を持して登場、 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 本橋 和貴 様 をご紹介します。 —- 以前にご紹介したLegendary...

大手金融機関がデータブリックスを採用したワケは

October 12, 2023 [email protected] による投稿 in Databricks ブログ
去る6月28日、サンフランシスコで開催されたDATA+AI SUMMITにて、「APJ Partner Champion of the Year」を受賞したDatabricks Champion、NTTデータの齋藤が登壇いたしました。 NTTデータのData+AI Summit参加のレポートはこちら Data and AI Summit 2023 - Databricks 現地レポート(6/27 Partner Summit) - Qiita 今回のセッションでは、大手金融機関であるNTTデータのお客様が、データとAIを活用したデータ分析へと進化していく際、数あるサービスの中から、プラットフォームとして、データブリックスを採用された経緯や、基盤構築の際に苦労したポイントなどを紹介しています。お客様の既存のプラットフォームがどのような課題を抱え、データブリックスにどのような期待を持って導入されたのか。同じような課題をお持ちの企業様に参考にしていただければと思います。...

レイクハウスからデータを活性化: Databricks VenturesがHightouchに投資した理由

翻訳:Saki Kitaoka. - Original Blog Link 現代の企業がデータへの投資を倍増させていることは周知の事実です。データへの投資は、あらゆる業種・業界の企業にとって競争力をもたらす深い顧客インサイトを明らかにするものです。 私たちは、レイクハウスが組織の中心に位置し、企業がビジネスチームの日常業務でこれらのインサイトを活用できるようになる未来を確信しています。そのため、Databricks Venturesは本日、データ活性化プラットフォームのリーディングカンパニーであるHightouchへの戦略的投資( strategic investment in Hightouch )を発表しました。この投資は、Hightouchの最近の $38 million funding round の一部であり、私たちのパートナーシップを拡大し、 the Databricks Lakehouse 上でネイティブに構築された...

集まれ!Legendary Heroes of DATA + AI !! Vol 5

August 9, 2023 [email protected] による投稿 in Databricks ブログ
日本のDatabricks Championの皆様に、目指したその理由や、これからの思いについて伺う「集まれ!Legendary Heroes of DATA + AI !!」。Legendary Heroes of Data+AI の皆さんの輪もドンドン広がっています! 今回は、Vol 5として、前回のVol4 に引き続き 株式会社ナレッジコミュニケーション様 から 山川 将也 様 をご紹介します。 —- 以前にご紹介したLegendary...

今すぐ始める。生成AIを使ったチャットボット構築

July 24, 2023 Junichi Maruyama による投稿 in Databricks ブログ
DATA + AI Summit 2023では多くの生成AIに関するソリューションの発表がありました。 Lakehouse IQ ではお客様毎の環境を理解したLLMが利用できるようになり、 LakehouseAI では、Vector SearchなどのDataset サービスから、AutoML for LLMや MLflow Evaluation などのモデル作成評価そして、Lakehouse Monitoring や GPU Model Serving Endpoint...

Databricks + MosaicML

翻訳:Junichi Maruyama. - Original Blog Link 本日、私たちはMosaicMLの買収を完了したことをお伝えできることを嬉しく思います。MosaicMLは、企業向けにジェネレーティブAIモデルを作成し、カスタマイズするための先進的なプラットフォームです。Databricksの創業以来、私たちのミッションは、あらゆる企業のためにデータとAIを民主化することでした。MosaicMLと共に、ジェネレーティブAIアプリケーションのトレーニング、カスタマイズ、デプロイのためのクラス最高のエクスペリエンスを提供する予定です。 私たちはMosaicMLチームと協力し、ジェネレーティブAIを企業の主流にするために必要な3つの最も重要な開発を加速させます: モデル能力の迅速な民主化: 私たちは、すべての企業がモデルを広く利用できる未来を確信しています。あらゆるテクノロジーの民主化には、価格の引き下げとアクセスの向上が必要です。MosaicMLチームは、大規模な言語モデルのトレーニングとカスタマイズ

Databricks Unity CatalogはAmgenのエンタープライズ規模でのデータガバナンス実現にどのように貢献したか

July 5, 2023 Jaison DominicLakhan Prajapati による投稿 in 導入事例
翻訳:Motokazu Ishikawa - Original Blog Link このブログは、Amgen社の情報システム担当シニアマネージャーであるJaison Dominic氏と、ZS Associates社のアーキテクチャ・エンジニアリング担当ディレクターであるLakhan Prajapati氏によって執筆されました。 世界最大の独立系バイオテクノロジー企業である Amgen は、長い間イノベーションの代名詞でした。40年にわたり、新しい医薬品製造プロセスを開拓し、命を救う医薬品を開発し、世界中の何百万人もの人々の生活にプラスの影響を与えてきました。 データとAIは、当社の事業戦略にとって極めて重要です。当社の企業内にデータが豊富にあることを認識し、当社のビジョンは、セルフサービスのガバナンス機能を通じてデータ分析にアクセスできるデータ主導型の組織を確立することでした。モダナイゼーションを追求する中で、当社はデジタルトランスフォーメーションの旅の基盤として Databricks Lakehouse Pla